育児休業推進行動計画

社員の働き方を見直し、もっと子育てに関われるように支援するため、次のように行動計画を策定する。

① 計画期間
令和1年10月1日~令和6年9月30日までの5年間

② 内容

目標1:子どもの出生時における男性・女性従業員の育児休業の取得を促進する。

<対策>
〇令和1年10月~ 制度内容等について全従業員に周知
<方法>
〇役員会議で制度推進決定→総務部長が制度内容を全従業員閲覧な可能なサーバーにアップ→各マネージャーより各店長に説明→各店長の同意を得る→各店スタッフにミーティング内で周知
〇入社時オリエンテーションで新入社員に制度説明
オリエンテーション資料に項目追加
〇改姓、扶養家族申請、保険証の追加発行等、従業員の婚姻または出産予定の事実を知った時点で、総務部長より対象従業員へ個別に勧奨

目標2:育児休業取得期間以外の勤務時間調整を試行的に導入する(所定出勤時刻より遅く出勤、または早退)

<対策>
令和1年10月~ 目標1の対策と同様に実現可能かどうかを検証
<方法>
〇役員会議で実現に向けての話し合い→各マネージャーより店長に説明し、意見を求める→想定しうる問題点抽出→問題点それぞれの項目の対応策検討
〇対象者が出たら育児休業取得期間外の勤務時間調整の希望があるかヒアリング(総務部長より直接か、または店長から)→店長の賛同を得て、試行→実際の問題点を店長と対象者それぞれからヒアリング→会社として対策できるかどうか役員会議で諮る→改善点やルール化を策定→育児休業規定に追記→従業員に周知

目標3:有給休暇の取得推進 有給休暇を積極的に取得できるように夏休み、冬休み制度を導入

<対策>
令和1年10月~ 制度内容等について従業員に周知
<方法>
〇夏休み、冬休みをそれぞれ3日間とし、取得期間を設定し、従業員の希望する日を所属長に申し出することで取得
● 取得期間:夏休み 6月1日~8月31日
       冬休み 12月1日~2月末日
●所属長に前月までに申請し、所属長は可能な限り希望に合うようにシフト作成
●繁忙期、希望の重複時は所属長が本人と話し合いの上、調整
●有給付与が6か月後のため、入社2年目からの取得可能